京都e-お薬手帳

京都府薬剤師会 > 京都e-お薬手帳 > 京都e-お薬手帳て何?

京都e-お薬手帳て何?

災害などの緊急時にも、守り続けたい命の情報

災害

電子版お薬手帳は、以前から、国の「どこでもMy病院」構想の中において検討されてきました。そのような中、東日本大震災が発災し、その誕生を加速させる大きなきっかけとなりました。多くの避難者の方々が、服用中だったお薬を必要としましたが、お薬の特定は困難をきわめました。しかし、お薬の手帳を持っていた患者さんには、すぐに適切な対応をすることができました。ただ「お薬手帳」を持ち出されていない方々も、避難時にその多くの方々は携帯電話やスマートフォンを持ち出されていました。それらにも普段からお薬手帳の情報が入っていれば、万一の場合も安全です。災害時にお薬手帳を持ち出せなかった時でもスマートフォンに保存しておくことで、服用中のお薬の情報を正確に知ることができます。

また、医療機関や薬局などで「どんな薬を飲んでいるか」と聞かれてもすぐに情報を取り出すことができ、重複投与や相互作用のチェックがやりやすくなるなど、患者さんにとってさまざまなメリットが生じます。

 

紙タイプの「お薬手帳」のサポート役として

災害

現段階において、お薬手帳が電子化されたのではありません。紙の「お薬手帳」は、今までどおりご活用下さい。スマートフォンの画面でご覧いただける電子版お薬手帳は、お薬手帳を持参していないときや万一の時のためにご準備ください。紙タイプと電子タイプの両方を用いることで、これまでにない安心をご提供することができると考えています。



どうして使うの?