●もってて安心「かかりつけ薬局」

「知っていますか、このマーク」

最近、街の薬局でこんな看板見たことありませんか?
「基準薬局」は、薬剤師会がつくった制度です。かかりつけ薬局選びの目安にどうぞ。

詳細は「基準薬局一覧」へ

●調剤を受ける薬局は、患者さんが自由に選ぶことができます。

自宅近くやいつも行く商店街の薬局など、患者さんが一番気軽に相談でき、また信頼できる薬局を「かかりつけ薬局」に決めましょう。
どこの医療機関にかかっても、1ヶ所の薬局(かかりつけ薬局)で調剤を受けることが大切です。
「かかりつけ薬局」では、患者さんの体質、薬によるアレルギー、現在服用中の薬などをお尋ねし、処方された薬とともに「薬歴」に記録して患者さんの薬についての説明や相談に役立てています。

●かかりつけ薬局ではこんなことをしています。

1 薬歴(薬の服用の記録)をつくります。
2 複数の医療機関に受診しても、薬の飲み合わせ(相互作用)に危険なものがないか確認します。
3 市販薬や健康食品等との飲み合わせも確認します。
4 薬の服用について気を付けることなどを、全体的に管理、説明します。
5 おくすり手帳を発行しています。

●処方箋を持って行くと、かかりつけ薬局では何をしてくれるの?

薬局では薬歴などを基に、安全に薬が飲めているか確認するために、その時必要な質問をさせていただきます。
◎薬がきちんと飲めているか。
◎この薬を飲み始めてから、何らかの体調の変化はないか。
◎他に何か飲んでいる(もしくは飲み始めた)薬はないか。
◎妊娠・授乳中といった、他の状況における変化が生じていないか。   など

●薬歴を基にした安全性の確認

薬局では、患者さんごとにこれまで使用した薬や副作用歴などを記録した「薬歴」を作成しています。この薬歴により、ほかの医療機関の処方薬や市販薬との薬の重複、飲み合わせ(相互作用)、副作用発現の可能性などを確認します。

1 副作用はでていないか?
2 他の薬との飲み合わせは?
3 もっと飲みやすい剤形はないか?
4 授乳中に飲んでも大丈夫?