●市販のお薬

●OTC医薬品とは

薬には、医師が処方する医療用医薬品と、薬局・薬店・ドラッグストアなどで市販されるOTC医薬品があります。
「市販薬」「大衆薬」「家庭薬」とも呼ばれるものです。
生活者が直接購入できるOTC医薬品は、利便性、安全性が高いのが特徴です。

●いざという時の備え「救急箱」

けがには「消毒薬」、かぜの予防、治療には「うがい薬」「トローチ剤、ドロップ剤」や「総合かぜ薬」など、多種多様なOTC医薬品が利用されています。
また、けがにはばんそうこうや包帯、かぜにはマスクや冷却剤なども使われます。「いざ、というときにはすぐ出して使えるように」、日ごろから常備薬、救急セットを整備しておくのもセルフメディケーションの重要な項目です。

●OTC医薬品の分類について

薬局・ドラッグストアで処方せん無しに購入できる医薬品であるOTC医薬品(一般用医薬品)は、その含有する成分等により、以下の4つの区分に整理することができます。

●要指導医薬品

OTC医薬品として初めて市場に登場したものでは、その取り扱いに十分注意を要することから、販売に先立って薬剤師が需要者の提供する情報を聞くとともに、書面による当該医薬品に関する説明を行うことが原則とされています。
そのため、インターネット等での販売はできません。
店舗においても、生活者が薬剤師の説明を聞かずに購入することがないよう、すぐには手の届かない場所に陳列などすることとされています。
なお、「要指導医薬品」以外のOTC医薬品は、インターネットを含め、郵便等を通じ薬局・ドラッグストアから購入することが可能です。

●一般用医薬品

<第1類医薬品
副作用、相互作用などの項目で安全性上、特に注意を要するもの。
店舗においても、生活者が薬剤師の説明を聞かずに購入することがないよう、すぐには手の届かない場所に陳列などすることとされています。
販売は薬剤師に限られており、販売店では、情報を提供する場所において対面で、書面による情報提供が義務付けられています。

<第2類医薬品>
副作用、相互作用などの項目で安全性上、注意を要するもの。
またこの中で、より注意を要するものは指定第2類医薬品となっています。
第2類医薬品には、主なかぜ薬や解熱剤、鎮痛剤など日常生活で必要性の高い製品が多くあります。
専門家からの情報提供は努力義務となっています。

<第3類医薬品
副作用、相互作用などの項目で、第1類医薬品や第2類医薬品に相当するもの以外の一般用医薬品。

●情報提供する専門家と医薬品の分類

分類ごとに対応する専門家は下表のとおりです。
薬剤師が不在の場合は、要指導医薬品、第1類医薬品を購入できないので、注意が必要です。

OTC医薬品分類 対応する
専門家
販売者からの
お客様への説明
お客様からの
相談への対応
インターネット、
郵便局での販売
要指導医薬品 薬剤師 書面での
情報提供
義務 不可
一般用医薬品 第1類医薬品
第2類医薬品 薬剤師
登録販売者
努力義務
第3類医薬品 法律上の規定
なし

●薬を販売する専門家

●薬剤師

国家資格を持った薬の専門家です。医療用医薬品、要指導医薬品、第1類医薬品を含めた、すべての医薬品を取り扱うことができます。

●登録販売者

都道府県知事が資質認定した、薬の専門家です。要指導医薬品や第1類医薬品を除く一般用医薬品を取り扱うことができます。

※薬剤師、登録販売者と、その他の従業員は、名札等で見分けがつくようになっています。
 
迷ったときは、積極的に薬剤師や登録販売者に相談しましょう。

出典:日本OTC医薬品協会

新サーバ