●お薬手帳を活用しましょう

「おくすり手帳」は、患者さんと医療機関との間の”連絡帳”となります。薬の事をよく知り、正しく使って安全な治療が受けられるよう、何よりご自身の受けておられる薬物療法を正確に伝達する最良のツールとして、上手くご利用ください。
 
おくすり手帳は様々な種類があり、デザイン、大きさなどが違うこともありますが、用途は同じです。多少のご負担(~数十円)が発生しますが、これは手帳本体の代金をいただいているわけではなく、どういった薬をどのように使用してきたかを確認したり、自局で調剤した内容を記載することに係っている負担額です。
 
特に入院時、それまでに飲んでいる薬が飲んでいた量などと一緒に分かれば、病院の医師にとっても重要な情報となり、より安全に、より早く、より効果的に治療がスタートできることにつながります。

おくすり手帳を何冊も持っている方がありますが、受診する医療機関ごと、また、薬局ごとに手帳を分けるのではなく、ご自身が飲んでいるお薬を1冊にまとめて活用していただくことが重要です。
そうすることにより患者さんが過去から現在まで服用してきた薬の内容や経過について、医療関係者に正確に把握してもらうことができ、より良い治療が受けられます。

Q : おくすり手帳ってなに?

A : 皆さん、医療機関や薬局で薬をもらわれたら、何という薬か?どんな効果があるのか?副作用にはどんな症状がでるのか?注意しなければいけないことは?など様々な疑問をお持ちになると思います。薬剤師にお気軽にお尋ねくだされば、その場でご説明ができますが、常にご自分が飲んでいる薬のことを良く分かっておくことが大切です。
しかし自分が飲んでいるお薬といっても、名前やそれぞれの飲み方だけでも全部覚えておく事はなかなかできません。他の医療機関に受診された時(また入院時)や旅先、そして災害時などにおいて、自分が飲んでいるお薬の内容を提示できることは、非常に重要で、状態を判断する大切な情報となります。
これらの状況に役立つように、薬の名前、用法、用量等を簡潔に記入する(又はシールに印字したものを貼る)手帳のことを、「おくすり手帳」といいます。この手帳は、医療機関、薬局に行かれる時以外にも、常に携帯しておくことが大切です。
最近では紙のおくすり手帳だけでなく、それを補完する電子版としてスマートフォンに、前述のような情報を格納しておくアプリもあります。